読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別館dov.

日記的なこと、気づき、まとまりきっていないことなど、本館には書けないようなことをつづります。

日記には写真がほしい

ほぼ日手帳をライフログというか日記として使用しております。

家族でどこかにお出かけしたときのこと書いていたりすふと「楽しかったなぁ」と当時のイメージを思いだすのですが、その時に写真があるとより当時のことを思い出せると思いませんか?

みんなで撮った写真一枚あるだけでも違うんだろうなぁ。

ということでほぼ日手帳に写真を貼り付けようと思うわけですが、わたしのほぼ日は毎日パンパンに書いているので写真を貼るスペースがない!

そうなると1つ大きなサイズのほぼ日に移行するのかなぁ。

それとも写真付き日記はクラウド上に作るのか。

何かしら写真をのせたいとは思うのですけど、どうしようかな。

瞑想を習慣化しよう

大きなイライラ事項が先週ありまして、心を取り戻すために瞑想を毎日してみようかと思っております。

今はひとまずお風呂での瞑想を。

少し早起きしたときにはベッドでも。

このタイミング共に目覚めのいいときみたいに頭がスッキリするので「実は寝てた?」って焦るんですけどね。

ひとまず毎日やってみよう。

夜はなるべくのんびりとしたい

どうも最近は夜ぐったりとしていることが多く、夜帰宅後のタスクを全てできないことが多い。

ならば、夜帰宅後はのんびりするように方向転換してみてはどうだろうと思案中。

問題は帰宅後にするとしているタスクをどうするのか。

別の時間に実施するのか、やめてしまうのか。

うーん、難しいぞ。

音声入力、textwell、Twitter

音声入力でメモを思い立ち色々試行錯誤しております。

音声入力はフリック入力よりも速く、もたつき感がないのでサクサクと気持ちをアウトプットしたくなります。

気持ちをアウトプットするのにtextwellに音声入力でインプットしてアクションでサクサクっとツイートする。

これが速くてかなかないい。

公式クライアントの起動までのモタモタ感がなくて、思い立ったときにアウトプットできます。

evernoteのfastever的な存在になれそうな感じです。

音声入力でいけるかも

前々から存在は知っていたiPhoneの音声入力。誤認識するんだろなぁって触れずにいました。

今朝、歩きながらメモを取りたくなりまして、荷物も多くて片手しか空いてないので試しにiPhoneに語りかけてみて。

想像以上に誤認識なくて驚きました。

認識されやすいように意識してiPhoneに語りかけたのではなく自然に話しただけなのに。

フリック入力よりも断然音声入力のが入力速度は速いわけで。

周りに人がいないのなら音声入力で行こうかな。

カレンダーもつぶやきたい

ライフログを今日も考えておりまして。

今のライフログで押さえていないのは、会社での活動

taskchuteのログと予定もなんとかライフログに詰め込みたい。

できれば、集約しているTwitterアカウントになんとか。

予定はメールでの通知を使えばなんとかなりそうなんだけどタスクログは難しそう。

今という時間をなるべく記録しておきたい!

なんとかしたいなぁ。