読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別館dov.

日記的なこと、気づき、まとまりきっていないことなど、本館には書けないようなことをつづります。

手帳派発見

今朝はいつもよりも早めの列車で、4人掛けの席で座っていました。通勤時間帯なので満員ですね。

列車が走りだしてからわたしの前の2名が手帳を取り出してスケジュールの確認、さらに時間をおいて、わたしの横の方も手帳でスケジュールを。

みなさん、スマホをずっと眺められていたので、スマホでもスケジュール管理は可能かと思いますがそれでも手帳なんですよね。

目の前で手帳派の方が、それも3名。うれしくなっちゃいました。

病院の待ち時間の活用をするには

今朝は健康診断で待合で待っている時間がたくさんありました。

事前に分かっていたのですけど、健康診断ということで持ち物を減らしたくて、トラベラーズノート パスポート以外は持っていかず。何か思いついたらメモすればいいやと。

でも、こんな時って何も思い浮かばないものですね。

周りの雰囲気に流されるというか。

結局、ほとんど何も思い浮かばず。ひたすら待ち時間を消費しておりました。

健康診断でなければ、本やkoboを持って行って読書するんですけどね。

待ち時間を活用するには何か目的を持っていかないとだめですね。

モードを意識する

わたしは最近では21時に帰ってくることが多く、そこからご飯を食べて家事をしているとすぐに24時になってしまい、全く自分の自由の時間が確保できなかったのです。

しかし、ちょっと考え方を変えまして。

たとえば、帰宅後はまずは着替えて荷物を置いてその後にご飯を食べていたのですけど、それを帰宅後はそのままご飯を食べて食器を片づけてから着替えをするように。

帰宅後のテンションのまま、夕飯をさっと食べてそのまま片づけをする。のんびりモードに切り替えずに会社から引きずってきた仕事モードのままで夕飯と片づけをする。

モードを意識して個々のタスクの順番を入れ替えたらとっても効率できまして、少しだけ自分の時間を確保できるようになってきました。

このモード、まだまだ使えそうな気がする、プライベートだけじゃなくて仕事にも。

もう少し考えてみようかな。

シンプルな選択

奥さんの影響もありまして、最近は無印良品の製品を購入することが多くなってきました。

もう10年近く使ってきた無印良品の鞄がとうとう壊れまして先日再び無印良品のビジネスバッグを購入。

そして、今日は無印のペンケースとプライベート用のバッグを購入。

わたしの机の周りには無印の棚があったりしますし、気がつけば無印良品の製品が増えてきました。

無印良品って少し高いかなぁという印象があったのですけど、奥さんがはまりだしてからは「高いけどシンプルなデザインで長く使える」という印象にどんどん変わり、セールがあるたびに一つづつアイテムが増えていく。

シンプルなデザインに引かれて購入していくうちに気がついたら無印良品の製品ばかりになっていたりして。

PCか遅くて遅くて

わたしは自宅ではほとんどPCは使いません。ほとんどスマホかタブレットで過ごしております。

なぜ、使わないかというと、何かにつけて動作が遅いから。

決してPCがロースペックでどうしようもないというわけではなく。

久しぶりに起動すると更新プログラムとかウイルス対策のソフトとかその他のプログラムとか、とにかくアップデートプログラムのダウンロードのために動作がとても遅くなってしまう。

FireFoxでブラウジングしていてもExcelで編集していても何か動作につまずくと30秒ほどは止まってしまう。

PC立ち上げて作業するのに待ち時間ばかりで全然作業が進まない。

なかなかPCを起動する気にならないんですよね。

でも、PCでないとできない作業がありまして。それは、デジカメ写真のバックアップ。

タブレットやスマホではどうしてもデジカメ写真を外付けHDDへバックアップできない。こればっかりはPCで作業しなくてはいけない。

HDDへバックアップするだけなんですけど、1GBしかデータがなくても1時間ぐらいかかってしまう。

以前はもっと早かったのに。

何とかならないかなぁ。

オイル交換

自動車のオイル交換、みなさんお車をお持ちならしますよね。

車をいつでも快適に使うための定期的なメンテナンス。

それに対して

車検は問題ないかを確認する機会。問題あれば、問題ある前に、部品交換必要か確認しておく。

これを人間に割り当てると何に当たるんだろう。

車検は健康診断かな。問題ないか確認するところ。

じゃ、オイル交換は? なんなんだろう。

ゆっくりと休むことかなぁ。

システム手帳に興味津々

わたし、今まで手帳は能率手帳やほぼ日手帳など綴じ手帳ばかりを使用していました。

それが、昨年フランクリンプランナーを使うようになり、初めての本格的なシステム手帳にふれることになりました。

学生だったころ、一度何かの付録についてきたシステム手帳を使っていたことがあったのですけど、まぁ、そのときは遊びで使っていただけ。

フランクリンプランナーを使うようになって、革のバインダーとカスタマイズ可能なリフィルと、おもしろいなぁと。

書店をふらふらしていたらちょうど目にはいった「システム手帳STYLE」、革のバインダーとかリフィルの紹介とかありまして、買ってきてしまいましよ。

あぁ、システム手帳への気持ちが加速してしまいそうです。