別館dov.

日記的なこと、気づき、まとまりきっていないことなど、本館には書けないようなことをつづります。

右手が痛い

US配列のキーボードを使い親指シフトの練習をしております。

右ALTキーを変換キーへスワップして使用して、orzレイアウトで入力です。

火曜日ぐらいからこの方法で入力しておりますが、昨日あたりから右手がいたい。のばしていると気にならないのですけど握ると少しいたい。

何か激しく握力を使うことをするなど思い当たることがないので「何だろう?」って考えていたのですけど、これじゃないかなということが思いつきました。

たぶん原因は右ALTキーではないかと。

ALTキーを変換キーとして親指シフト入力しておりますが、右親指を使用するときにかなり親指を内側に曲げてキーを押しているということ。

この仮説通りだとするとこのまま使い続けるとさら右手が痛くなってくるはずです。仕方がないですけどもとに戻すことにしました。

左右の親指キーはスペースキーで入力して濁点等はシフトキーを押しながら。

これはこれでねぇー。