別館dov.

日記的なこと、気づき、まとまりきっていないことなど、本館には書けないようなことをつづります。

聞く読書は会話形式がおもしろい

ここずっとメインの読書はオーディオブックで耳から聞く読書になっておりますが、最近再び対話形式のものが面白いと思っております。

今、「嫌われる勇気」の続編である「幸せになる勇気」を聞いておりますが、これが引き込まれのです。

通勤の徒歩区間で聞いていて列車にのったら別の作業に切り替えるのが常なのですが、内容が気になって気になってそのまま聞き続けてしまうぐらい夢中なのです。

何が夢中にさせるかというと、書籍自体の内容が素晴らしいことは確かなのですが、対話形式なので主人公に感情移入しやすく、「これは○○ということでは?」「そういうことだったのか!」という感じに自分の考えを持ちながら聞くことができるからではと考えています。

夢中になって聞くことができ自分の考えを持ち聞くことができているので読書自体の吸収率はよさそうなのですが、夢中になってしまうぶん他のタスクが進まなくて(笑)。

まぁ、とにかく、対話形式のオーディオブックは面白いですね。