別館dov.

日記的なこと、気づき、まとまりきっていないことなど、本館には書けないようなことをつづります。

cygwin+mintty+emacs+親指シフト

学生時代からのemacs使いであります。

先日atomに移行しようとしたのですけど、atomが起動しなくなってしまったので、結局emacsにもどってきました。

windows上のemacsは開発元が公開しているバイナリーですとIMEで入力ができず。

このIMEが対応できていない問題、かなり以前からありましたが、emacs上の日本語入力にはSKKを使用しておりましたのであまり問題とは思わずに使用しておりました。

ところが、親指シフトを使用しだしてからは状況がかわります。

親指シフトは変換キーを右シフトキーとして使用していますが、emacs上のSKKですと変換キーが押されたことがうまく伝わらず、IMEの日本語入力がオンになってしまう。そうなるとIMEに対応できていないemacsでは動作が不安定になるわけで。emacsでの親指シフトは半ばあきらめておりました。

そんな中、Cygwinのmintty内でemacsを起動してそこに対して親指シフトで入力すれば問題ないのではないかと気付きまして。

実際やってみたところ全くの問題なし。

ターミナルなのでマウス操作は出来なくなってしまいますが、そこはemacs、元来キーボードだけで操作しておりましたので全くもって問題なしであります。

これでwindows上のemacsからでも親指シフトで入力できるようになりました。捗ります。